导航菜单

三井金、最終黒字40億円に 今期下方修正、スマホ向け部材不調

后台-系统设置-扩展变量-手机广告位-内容正文顶部



                    三井金属は8日、2019年3月期の連結最終損益が40億円の黒字(前期は7億円の赤字)になりそうだと発表した。従来予想を100億円引き下げた。チリの銅鉱山に絡む損失で赤字となった前期から黒字転換するものの、通期予想の下方修正は今期で2回目となる。スマートフォン(スマホ)向け部材の販売がふるわず、亜鉛などの市況悪化の影響も受けた。

売上高は4%減の4960億円、経常利益は33%増の150億円。それぞれ107億円、90億円引き下げた。機能材料事業で高機能スマホの需要が鈍化し、主力製品の極薄銅箔「マイクロシン」の販売が想定よりも伸びていない。金属価格の下落で在庫損益も悪化する。同日発表した18年4~12月期決算は売上高が前年同期比微減の3727億円、純利益は80%減の44億円だった。

收藏此文 赞一个 ( ) 打赏本站

如果本文对你有所帮助请打赏本站

  • 打赏方法如下:
  • 支付宝打赏
    支付宝扫描打赏
    微信打赏
    微信扫描打赏
后台-系统设置-扩展变量-手机广告位-内容正文底部

相关推荐:

留言与评论(共有 0 条评论)
   
验证码:
二维码